FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChangeそしてChallenge!~TOMORROWアルバム感想 - 2018.09.24 Mon



2018092403.png
(*∵*)「ここに来たらいいよっv」


2018092404.png
(*∵*)「ぽくはもう撮りましたっv」


2018092405.png
(*∵*)「ゆのの名言は、…これからはじまるヨッv」


オフショで何かしらこしょこしょ内緒話したがるユノちゃん可愛いすぎかーー
アップになると黒目のデカさが強調されてキュートさ100万倍…!!
力が入ると唇とがっちゃうのと同じく、シムさんにインタビューで自慢してほしい案件ですよネ(* ̄∇ ̄*)=3


そんなわけで!
アルバム『TOMORROW』発売おめでとうございマーーーース \\(´^J^`)(*∵*)//


18日にフラゲできまして、ビバ宅配ボックス……!!! (いきなり何)

仕事から帰ってきたら、郵便受けに宅配ボックスに入れたよのお知らせが入っていて、ドカドカとダンボールが入ってました(笑)
今まで宅配ボックスのある生活をしたことがなくて、いつも週末に再配達お願いしてたんで、発売日にアルバム聞けたことがなかったんですヨ!
いやーー再配達お願いしなくていいってホント素晴らしいですね!!!
届けてくれるお兄さんたちも二度手間にならなくてすむし!!
コンビニ受け取りにしたり、そもそも店頭予約しろよって話なんですけどもーーー(すいませんすいません)


話がそれましたが。
初回限定盤と、通常盤と、ビギ盤。

2018092401.jpg


ジャケットとブックレットの写真がマーベラス………!!!←
どれもコンセプトが違ったジャケットで、それぞれに東方神起の魅力を引き出してくれててすごく堪能させていただきましたん(*^^*)
やっぱふたりのビジュアルが今最高だからなー!つかもうずっと最高が続いててほんとトンペン幸せだよーーー(*T_T)人(T_T*)

ジャケットで言うと、いちばん好きなのは通常盤でした。
モノクロ神起がカッコいいっていうのもあるんですが、なによりこの、ジャケット裏側の写真!!

2018092402.jpg


ふたりの表情やばくないデスカーーー8(≧◇≦)8!!!(CDケース解体して取り出してから撮った)(けっこう大変だった)

めちゃめちゃ好きなんですがこーいうのほんともっと撮ってほしい!!
こういうの見ると、ふたりはほんとーに綺麗なお顔をしてるのだワーとうっとりヨダレが出てしまいますv(やめて)
はー、ほんとに、推しがいつでも美しくいてくれてほんとに幸せvv


アルバムの外身をゆっくりたっぷりねっとり(←)楽しんだあとは、中身ですよね!

率直に言って、

とても好きです。(告白)

こんなにリピートしたい曲がたくさんあるのは、TONE以来です。(さらに告白)

以下、歯に衣着せず感じたままを書きます。あくまでも個人の、何万通りある感想のうちのひとつなので、わたしはそうは思わないと思ってもどうかカミソリ送りつけないでくださいませ~(^^;;(笑)


一通り聴いてまず思ったのは、

「スタッフの皆さんがんばったね……!!!」


上から目線ぽい言い方ですみませんすみません。ぜんぜんそんな風には思ってないのですがっっ。(笑)

WITHアルバムまでの、「アルバム制作チームがいだいていたであろう東方神起のイメージ」(あくまでユーザー側ではない)を刷新して、これまでユーザーが期待していた、そして期待を超える新しいイメージを打ち出そうという、挑戦ともいうべき意気込みを感じました。

正直、東方神起のふたりもびっくりしたんじゃないかな?「今回、いい曲が多いよ?」って(その辺にしとこうか)


これまでのアルバムはライブのパフォーマンスをすごく意識した楽曲が多いと感じていて、CDで聴くとつまんないけどライブで聴くとのれる、という曲もわりとあって(その辺にしとけ)
そういう意味で曲自体に力がある、楽曲そのものを重視した曲が多いのもうれしいですね。

いい意味ですんなり聴けない、容易ではない曲。すぐにつかめないからこそ、その声や歌詞やメロディの奥に隠されているものを探してくり返し聴きたくなる、そんな曲が多かったように思います。

歌うのもすげー難しそうな感じだけど、さすがのおふたりさんはしっかり歌いこなしていて、ふたりの歌唱力をあらためて見せつける1枚になってるんじゃないかなと思います。


簡単に曲ごとの感想を書いちゃいます(^^)


1.Make a Change

オープニングのこの曲からして、もっと言えばイントロ~サビの部分からして、ものすごいガツンとやられました。
重厚な音のアレンジと、落としどころがはっきりつかめない不安定なイントロから、力強い歌詞と明るくきらびやかなサビのメロディラインにつながる部分。
不安と期待で帆をいっぱいにふくらませて、自分たちを乗せた船が新たな航海に出る、そんなイメージが浮かんできました。
今までのライブの流れだったらこの曲がオープニングになるわけですが、ぜひこの曲だったらいいなと思います。
これまでどちらかというとファンタジー要素の強かったライブのオープニングが、等身大のふたりの、ありのままの姿を見せてくれるオープニング、そんな感じでもいいんじゃないかなって。
王子様衣装も大大大好きなんだけど、だからそういう意味では、もっとラフな衣装での登場もありなのかな(^^)


2.Yippie Ki Yay

読めねぇ!!(笑)
ググってみたら発音は「イピカイエ」で、「カウボーイが愛馬で疾走する時に上げる熱狂的な歓声、掛け声で、”イェーイ!”とか”ヤッホー”とかいう俗語」のようです。
猪突猛進に行くぜエェェ!!という若さで突っ走る感じではなく、ある程度経験を積んだ大人の男の、「さあ、もういっちょやってやるか」的な余裕を感じさせる歌詞とアレンジだなーと思いました。
カッコいい曲ですね(*^^*)
2年の休息を経て戻ってきた東方神起の、今の心情に寄せている感じもして。
ふたりの伸びやかな歌声も存分に楽しめますv


3.Showtime

これは東方神起の王道系の楽曲ですね!ライブで踊る気まんまんな曲!!

(˘ ・J・ ˘)「不吉なこと言わないでください」

サーセン。(笑)
でもたくさんのダンサーを従えて花道を練り歩くふたりが想像できて、今からドキドキワクワクがとまりません~(//∇//)


4.運命

運命キターーーー(≧∇≦)!!!
もうこの曲ほんまによかですよね……!(どこ地方の言葉)
歌詞もメロディもアレンジもダンスも何もかもがオシャレ。ほんと好き。何度聴いてもキュンキュンする。

ところでこの曲の日本語化にあたって、韓国語歌詞のキモである「うんみょんでぃんらご」をどう訳すかが最大のポイントでした。(わたし的に←)
運命なんだ、運命なのさ、…うーんあとは、運命だよね、とか?それはないか、ハハ。
とか思ってたら、来ちゃった「運命だよね」。(o_ _)ノ彡☆

そうかーーーーーー運命だよねかーーーーーーーー。
音の響きは正直、「運命なんだ」の方が好きです。せめて「これは」の後は「だよね」にして、「僕ら」あとは「なんだ」に使い分けるとか、全部が全部「運命だよね」でそろえるのはちょっと軽みが出てしまって甘みが強すぎませんか。
と思って、はじめて聴いたときはややガックリしたんですけど、でも。

歌詞を最初から最後まで読むと、相手に語りかけている、相手と思いを共有しているストーリーなので、そうなると「運命なんだ」ではやや独りよがり感が強い。
歌詞の世界の中では、「運命だよね」がとてもしっくりくるんですよね。

いつも戦々恐々とする韓国カムバ曲の日本語化ですが、今回のこの「運命」の歌詞はすごく好き。
不自然なところがないし、「身体ごとすべてが君だと叫ぶ」とか「この出会いにもしも名前があるなら」とか、韓国の感覚が上手に日本ぽく変換されてる。
なので、どうしても自分的に音の響きに違和感のある「運命だよね」になんとか慣れるしかないんだ!(笑)
韓国語の曲のよさをそのまま日本語にしてくれて、ありがとうございます(*^_^*)


5.明日は来るから~TOMORROW Version~

去年だしたベストアルバムに続き、「昔の曲の復活プロジェクト」(byシム様・笑)第2弾ですね!
今のふたりの声だけで紡がれる「明日来る」は、積み重ねてきた時間を懐かしく振り返り、やがて訪れる明日を愛おしく迎える気持ちが伝わってくるとても優しい歌。
ふたりならではの良さが出ている楽曲になりましたね。
アレンジが原曲のそれにさらにアレンジを加えて、よりメリハリのきいた流れに仕上がっています。

すいません正直、5人時代のこの曲はそれほど好きではなくて(初期の名曲と言われているのにすんませ…)、あんまし気持ちを入れて聴いてなかったんですけど、今回あらためて5人時代のを聴いてみたら。
なんと、ユノさんのソロはほぼラストの「秋の黄昏や」のワンフレーズ!のみ!!だったんですね……。(ショック)
5人時代はほんとに歌わせてもらえなかったという話は以前ブログの記事で書いてますが、久しぶりにユノさーん(ToT)ってなりました。(泣笑)
ユノさんとチャミ様の「明日来る」、大好きな曲になりました。(*^^*)


6.Get Going

んーーこれもスゴイ好き!めちゃめちゃリピートしてます。いい意味で力の抜けた、大人の応援ソング。なのにひたむきで真摯な情熱ものぞかせるサビのメロディに胸をきゅっとつかまれます。
「嫌いじゃないでしょ?」なんて言いまわし、どこでおぼえたの?ヌナどきどきしちゃうぅ~(*ノノ)(いい加減にしとけ?)


7.Jungle

イントロがジャングルというよりサバンナのイメージでしたが(ライオンキングが思い浮かんでしまった・笑)、ミュージカルのような壮大かつ野性味あふれる楽曲で、ふたりの歌声もシブくて勇ましくてカッコいいです!
個人的に「Welcome to the Jungle!」のシムさんの歌い方がクセになります(好きです・笑)
これも踊る気まんまんの曲ですね!!
「DIRT」みたいな、ジェスチャー的な振り付けがありそうな感じもして楽しみです(*^^*)
(`・J・´)「………」(∵;)チャンミナオチツイテナノゥ


8.Reboot -Long Version-

やっぱこれほんとによくできた曲ですよね…。(しみじみ)
MVのオフショで、「今までにない雰囲気のMVです」って真剣な顔でゆっていたユノさん。
過去を否定するわけじゃなくて、過去にしてきたことを未来へつなげながら、いつも新しい姿を見せること、鮮やかな変化を遂げていくこと。
復帰第1作目、そんな東方神起のマインドにふさわしい楽曲だったと思います。
何度でも聴きたくなる、何度聴いても惹き込まれる、とても力のある曲。


9.Trigger

これめっっちゃ好きーー大好きーーー!!(*≧∇≦)pキャー
重厚サウンドに無気力装ってやり場のない怒りをもてあましてる風の歌詞に、ふたりのパワフルな歌声!!
若き日のB'zみハンパない……!!!
すごい個人的すぎる感想ですんません(笑)でもサビのメロディとか韻踏む感じとかまじB'zぽくて好きすぎるーーー!!!(B'z好きでしたっつーか今も好きです笑)

え、だってスーパースターの東方神起が「平均的 面倒無理」とか「無難でいいじゃない」とかゆっちゃってるんですよおおおぉ!
わたし、そういうのがずっと聴きたかったです!!スーパースターもありつつ、普通の悩める若者的な感性もぜひ歌に盛り込んでほしかったんですーーーー。
これも最後には「後悔の前にGrab a gun」と言っているわけですけど、自分の中の弱さや暗い部分を認めたうえでのGrab a gunだと解釈しています。
前向きで肯定的で明るくて清廉潔白で、そういう曲ももちろん大事ですけど、そればかりでは聴いている方も飽きるし、東方神起の可能性をかなり制限していてもったいないなぁといつも思ってました。
やっと歌ってもらえて、感無量です。←
間奏のギターとかシビれますよね!!近ちゃんさんの聴かせどころですよーー!!まじ楽しみすぎる……!!!


10.Electric Love

これもめちゃくちゃ画期的な1曲ですよ……!!!(ガタブル)
最初初音ミク的なアレかと思いましたが(オイ)、アンドロイド的な感じですかね?
メランコリックで切なくて、救いようのない破滅的な恋。
曲そのものもすごく魅力的で耳に残る曲ですが、そういう歌がユノさんとシムさんの声で聴けるなんて思いもしませんでした。
「溺れてくinsanity(狂気)」なんていうディープなネガティブワードが、TVXQではなく東方神起の歌に使われる日が来ようとは、いまだかつて想像したことがあっただろうか?いやない!(反語)
ヒャーこれめっちゃライブで聴きたい!!
アップテンポだからせくすぃ~な踊りを観れるかもしれないドキドキ感と、歌詞的にはじっくりふたりの歌声に酔いしれたい感とどちらもあって、楽しみしかないです(^^)


11. This is my love

イノウエ氏その調子……!!!!

あのほんと失礼すぎてすいませんすいません(土下座)
これからもっと失礼なこと書きますので、イノウエさんがお好きな方は読まれない方がよいです(平伏)

最初聴いたときにメロディラインの美しさに感動して、それから歌詞のせつなさが美しくマッチングしていてほんとに素敵なラブソングだと思いまして。
ただAメロとサビをつなぐ「いつだって一人で~」のメロディがなんかイノウエ氏ぽくて残念だな…と思っていまして、そのあとこれがイノウエ氏作曲だと知ったときのアレといったら。(何)

あの、でもほんと、曲全体としては大好きです!!(動揺)
Aメロの寂しい感じのするつながりとかほんと、「TAXI」(5人時代のバラードです)とか作ってた頃のイノウエさんが戻ってきてくれたよ…!!!と思いました。イノウエさんはメジャー調よりマイナー調の曲の方が好きです個人的に。
それから歌詞も好き好きーーー。今までにない人間くささがあって、出だしで心臓つかまれまくりです。
「弱くて 脆くて それでもいいよと手を差し出した君」とか、そんなフレーズをシム様の声で聴けてもうほんとに感激です(号泣)
弱くてダメな男の心情を歌った曲が昔から好物なんですけども。
やっと東方神起もそんな歌を歌ってくれて、もうほんとに待ってた。という感じです。

完全なる好みで言えば、激しい歌い上げ系のサビもとてもよいと思うしライブで聴けるのがほんと楽しみなんですけど、完全なる好みで言えば(2回目)、Aメロの雰囲気を引きずったままサビを静かな激しさで歌えるようなアレンジでもよかったかなーなんて思ったりもします。(えへ)


12.Road

このアルバムにおけるこの曲の意義(なんかものものしい)について、この方の言葉がとてもぴったりだと思います。


@TVXQino_ino様
狂ったようにTOMORROWを聞き続けているんですけど、
なんか、めちゃくちゃRoadいいですね。
このアルバムの中にポコっと出てくるRoadいいなあ。
交感神経、副交感神経ていうのかしらね。



いろいろな感情を呼び起こされて、ぐるぐるとジェットコースターで回されて、むちゃくちゃ興奮してエキサイトしてるところに、このRoadでホッとひと息つけるような。
しばしココロを落ち着けて、優しい、なつかしい感覚に浸らせてくれるような、そんな役割を持っていてくれるんだなぁと思いました。
シングルとして聴いたときも、ふたりの優しい声がすごく好きだったし、カントリー調のアレンジも今までになかったものだから、これもまたチャレンジの1曲だったんじゃないかなと思います。
MVのオフショで、ふたりがすごくリラックスして楽しそうにロケしてるのもほっこりしました(*^^*)
ただひとつ、出だしのキーがふたりにはちょっと低いので、Mステに出たときにあまり声量を出せなかったのが今でも残念です(執念深い)


13.Begin~Again Version~

去年のベストアルバムの方に収録されていましたが、今回のアルバムにも入ってますね。
今回のTOMORROWアルバムがほんとの”Begin”だからかな(^^)
こちらは最初と終わりのピアノアレンジ以外は大きなアレンジの違いはない印象です。
この曲だけでなく他の曲でも、キーが低めのフレーズだったりすると、チャンミンかな?って思ったらユノが歌ってたりその逆もあったので、ふたりの声質はやっぱり似てるんだなって思いました。
再始動したころ(TONEアルバムを出したころ)の日本のインタビューで、「ぽくとチャンミンの声が似てるなって思うことがたくさんあったんです!」って言うユノさんに、(´^J^`)「僕は昔からユノと声の相性はいいと思ってたけどね(笑)」ってドヤ顔で応えるシムさん(想像だけどたぶん間違ってない)を久々に思いだしましたよね(*^^*)


えー、最後はいつも通りふざけて終わってすいません(笑)
長たらしく思いのたけをぶつけてしまいましたが、最後までお読みくださった方ありがとうございましたvv

気がつけば初日まで2日後で す よ……!!!
ライブで聴いたらまた曲の感想も少し変わるかなと思ったりしますので、そんなこともまたブログで書きたいなーと思ってますv

ともあれ、ライブツアーという名のお祭りのはじまりですヨーー!!
行かれる皆さまも、魂飛ばす皆さまも、全力で楽しみましょうね\(^o^)/

2018092406.jpg


★拍手コメントをくださったわ**さまv
うわわん、こちらこそありがとございますですーーー!!(ToT)更新楽しみにしてくださってる方がいてくださると思うと、とても励みになりますvvまたぼちぼち更新していきたいと思ってますので、お暇つぶしにゼヒ遊びにいらしてくださいネ(*^_^*)


***
いつも遊びにきてくださってありがとうございますv

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chisezo.blog68.fc2.com/tb.php/693-3d1676af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おるすばんユノ *TOMORROWツアー初日* «  | BLOG TOP |  » このごろのわたくしめ。~丸山珈琲のススメ~

プロフィール

宮子

Author:宮子
ユノヒョンにまいっちゃってる
新米ペンです。
いろいろ勉強中です。
今日も大好き東方神起。

カテゴリー

参加予定イベント

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

お気軽にメッセください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。